プロの投資家に教えてもらう初心者の男性

前々から投資に興味はあるけど、難しそうで踏み切れないという方は多くいると思います。実は投資は仕組みさえ理解してしまえば誰にでも出来るものなのです。こちらでは投資初心者に情報をわかりやすく発信したいと思います。

テクノセブンと帝国電機製作所と株式投資情報

テクノセブン 証券コード6852は東証JASDAQ市場に上場し、事務機器が主力とし、ソフト開発や不動産賃貸事業にも
着手する企業です。
この企業の業績推移を見ると、直近2年間で二期連続増収でありながら営業利益が前期に減益に転じ、増収効果が利益に結びつけていないです。
財務内容はそれほど悪くないにせよ、増収率が低くコストパフォーマンスが営業利益を悪化させているため、上値の重い株価となっています。
株価は130円から150円近辺での展開であり、今後の上昇の期待はコスト削減と新たな事業展開にあるでしょう。

帝国電機製作所は証券コード6333東証一部に上場すし、キャンド(無漏洩)ポンプ製造業国内最大手企業です。
帝国電機は2015年の売上高220億円、営業利益24千万円ですが、2016年には売上高200億円、営業利益20千万円と減収減益となり、株価も軟調な展開です。
ただし、この企業の強みとして利益剰余金が160億円、有利子負債56千万円、自己資本比率77%と財務内容がとても良いです。
現在は下降トレンドであるため、この銘柄への投資判断は慎重性が必要となります。
しばらく株価の下降リスクがあり、ただし600円を割り込むと安値圏に入るため、投資のタイミングとなるでしょう。
財務内容が健全であるため、再び株価上昇は十分に期待できます。
とくに配当権利月にはドレッシング誘導が働き、株価を上げることがあります。
この銘柄は、株主還元として配当金に株主優待制度を実施しています。
2016年配当予想は14円、株主優待として、200株以上の株主に1000円相当の図書カード、1000株以上の株主に3000円相当のギフトカード、2000株以上の株主に5000円相当のギフトカードとなっています。